そもそも乗用車との違いとは

中古トラックを購入しようと考えている方の中には、
トラックについての知識がない方もいると思います。
「トラック初心者だから、分からないことが多い」という方の中には、
「今更、人に聞くことが出来ない」と感じている方もいるのではないでしょうか。
そんな方の中には、
「様々なトラックがあるけれど、普通乗用車とはどう違うのだろう?」
と感じている方もいるでしょう。

 

では、そもそもトラックは乗用車とどういった点が変わってくるのか、ご紹介しましょう。
まず、トラックと乗用車の一番の違いは、車の使用目的といえるでしょう。
乗用車の場合には、人が乗ることが目的となっていますが、
トラックの場合には荷物を運ぶことが目的となっているものもあれば、
冷蔵しながら食品を運ぶことが目的となっているものもありますし、
工事現場などで作業することが目的となっているものもあります。
そして、トラックは使用目的により、オーダーメイド出来るという違いもあります。
トラックを使用する際には、商用として利用する方がほとんどですから、
その仕事の内容や作業内容に合わせて、オーダーメイドすることが可能ということ。
乗用車の場合には、こういったオーダーメイドを行うことは出来ませんから、
大きな違いといえるでしょう。
もちろん、トラックも目的に合っただけではなく、
安全性も考えていますから安心して利用することが出来ます。

 

このように、中古トラックを購入する際には、
こういった乗用車との違いなども比較しながら選んでいくと面白いかもしれませんね。
 

普通免許でOKのトラックとは

中古トラックを探している方の中には、
「今回、トラックを購入するのがはじめて」という方もいると思います。
トラック初心者にとっては、運転などに不安を感じている方もいるでしょう。
中には、「これから、トラックを運転するために大型免許を取得しなければ」と考えている方もいると思います。
しかし、トラックの中には普通免許でも運転できるものもあるんですよ。

 

では、普通免許でOKとなるトラックは、どういったトラックなのかご紹介しましょう。
トラックを運転するとなると、「普通免許では、運転出来ない」と思っている方も多いと思いますが、
トラックの中には普通免許さえ取得していれば、運転可能なものもあります。
以前までは、第一種普通免許を取得している方であれば、
定員10名以内の車で、総重量が8トン未満のトラックであれば運転することが可能となっていました。
しかし、2007年からは中型免許制度がスタートしたことで、
現在は普通自動車免許取得者は総重量5トン、
最大積載量3トン未満であれば運転が可能となっています。
ということは、普通自動車免許を取得している方は、2トントラックまでの運転は可能となりますが、
4トントラックは運転することが不可能となるということ。
4トン以上のトラックの運転が必要であれば、
中型免許の取得が必要となります。

 

トラックというと、多くの方が「大型免許が必要だろう」と思っていると思いますが、
実は2トントラックまでであれば普通運転免許で運転が可能となっています。
これ以上のトラックの運転が必要な方は、まずは免許取得が必要となります。
 

更新履歴